私の展覧会鑑賞記

 

展覧会リスト > は行の展覧会 > 没後20年 中原淳一展 

 

No.0289

投稿日時 3月10日

展覧会名 没後20年 中原淳一展 
会場 そごう美術館 横浜そごう6階
会期 2003年2月21日〜3月9日
投稿者名 匿名希望
鑑賞日時  3月 8日(土)15:00頃
感想 思ったよりも盛況でそのことにまず正直言って驚いた。50-60台の女性が多かったように思う。当時のファンも来ていただろう。私は中原氏のことを知らなかったがとても楽しめた。とにかく手先が器用な人であり彼の細やかな感性が様々な展示品から伺えた。(ドレス・服のデザイン画・その他細かなデッサンなど)
一番心に残ったのは氏が「男女同権と女らしさを失う事は別の事である」とおっしゃった言葉だろうか。女らしさを男性が持ってももちろん構わない。しかし女性らしさの素適なところを女性のほうがどちらかといえば持ちやすく育てて欲しいという願い。そういった願いから様々な雑誌に彼はいろいろな夢を託して絵を描いていたのではないかと思った。

 

 

No.0281

投稿日時 3月 5日

展覧会名 没後20年 中原淳一展 
会場 そごう美術館 横浜そごう6階
会期 2003年2月21日〜3月9日
投稿者名 匿名希望
鑑賞日時  2月28日(金)
感想 先週の金曜日に、20歳の娘と見に行きました。わたしも娘も、すっかり魅了され、特に娘は色紙を買って部屋に飾っています。
横浜までは少し遠い道程でしたが、小旅行気分と美術鑑賞を一度に満喫でき、とても楽しい一日でした。

 

 

トップページに戻る