私の展覧会鑑賞記

 

展覧会リスト > た行の展覧会 > 椿物語展 安達瞳子の世界の名花く

 

No.0291

投稿日時 3月11日

展覧会名 椿物語展 安達瞳子の世界の名花
会場 日本橋三越本店7階ギャラリー
会期 2003年3月4日〜3月9日
投稿者名 ゆ ひきょん
鑑賞日時  3月 9日(日)15:00
感想 午後3時頃に主人と見に行ったのですが、最終日とあって、とても混雑していてゆっくり見ることが出来なくて残念でした。ただ、可愛い花器に生けてあるものや、大きな枝ぶりのものをそのまま置いて有ったりとかで、椿がところ狭しと散りばめられており圧巻でした。

 

 

No.0290

投稿日時 3月10日

展覧会名 椿物語展 安達瞳子の世界の名花
会場 日本橋三越本店7階ギャラリー
会期 2003年3月4日〜3月9日
投稿者名 匿名希望
鑑賞日時  3月 9日(日)11:00〜12:00
感想 最終日の日曜日だったので、大勢の人出でゆっくりと観ることが出来ず残念でした
1.椿の歴史を見て再度椿の良さを知った。
2.椿は一輪のみでもいかようにも、その場の美しさを引き出す
3.種類の多さに吃驚
4.椿は竹とつりあいが最高!
5.今まで椿の華やかさを知らず、今回改めて椿の花の「気高さ」「美しさ」を認識させられた
箇条書きでだらだらと書いてしまいましたが、「素晴らしい」展覧会でした。有難うございました。

 

 

No.0287

投稿日時 3月 9日

展覧会名 椿物語展 安達瞳子の世界の名花
会場 日本橋三越本店7階ギャラリー
会期 2003年3月4日〜3月9日
投稿者名 匿名希望
鑑賞日時  3月 8日(土)
感想 会場では、さまざまな年代の方々が展示を楽しんでいました。展示では過去(万葉時代)から現代、そして未来へと繋がっていく椿の文化の様子を鑑賞することができました。同じような椿でも表現の違いによって様々な顔を見せるということにとても感嘆しました。また、作品の一点一点に、花をとても大事にされている様子が感じとられ、花に対する想いの深さを感じました。椿のいろいろな表現を鑑賞できて素敵な展覧会でした。ありがとうございました。

 

 

No.0283

投稿日時 3月 8日

展覧会名 椿物語展 安達瞳子の世界の名花
会場 日本橋三越本店7階ギャラリー
会期 2003年3月4日〜3月9日
投稿者名 小坂 タマ子
鑑賞日時  3月 8日(土)14:00
感想 まず第一声!「何この人達は?」場内の熱気は凄いものでした。人の間からしか見えない椿の花は、場内の混雑とは対象的に落ち着いたおももちで私達を迎えてくれました。椿・桜・竹と日本を代表する樹が見事にマッチして素晴らしい作品展でした。そして、椿の種類の多さにも驚きました。ありがとうございました。

 

 

トップページに戻る