私の展覧会鑑賞記

 

展覧会リスト > さ行の展覧会 > セバスチャン・サルガド写真展 国境を越えて EXODUS   難民・亡命・移民 

 

No.0248

投稿日時10月25日

展覧会名 セバスチャン・サルガド写真展 国境を越えて EXODUS   難民・亡命・移民 
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
会期 2002年8月31日〜10月20日
投稿者名 ユキ
鑑賞日時 10月15日(火)
感想 妹と姪の三人で出かけました。モノクロの多くの作品に圧倒されましたが、それほど多くの出来事(難民、亡命、移民)が起こっていると言う事実の証明だと感じました。それぞれについて貧困や弾圧の解説がされていましたが、私が認識していない事の方が多く、考えさせられました。同行した妹も子を持つ母として酷く心を痛めていました。

 

 

トップページに戻る