私の展覧会鑑賞記

 

展覧会リスト > か行の展覧会 >空海と高野山

 

No.0352

投稿日時 4月15日

展覧会名 空海と高野山
会場 東京国立博物館 平成館
会期 2004年4月9日〜5月23日
投稿者名 奥山
鑑賞日時  4月 1日(木)
感想 チケットありがとうございました! 早速行ってまいりました!! 待ちに待った空海と高野山展 期待に胸膨らませて朝早くからはりきって出かけました 
この2年ほどではありますが平成館の特別展はほとんどみておりますが 今回、会場ににはいったところから何か違っておりました 会場をめいっぱいいつかってるぞおおという感じ〜 入り口正面の弘法大師坐像に感激したところから 感動のめじろ押し 三大秘宝の三鈷杵!諸尊仏龕!!聾瞽指帰!!! をはじめほんとうにほんとに見ごたえのあるものばかりでした 
八大童子も本当にチ?ミングでなんでこんなにかっこいいんだろう とホント感心してしまいます その近くに展示されている深沙大将立像っておもしろかったです 孔雀明王もみごとです、これぞ「図版よりほんもの」っです 曼陀羅はおもったよりずーーとおおきかった〜 阿弥陀聖衆来迎図も優美です とにかく期待を裏切らない内容でした!! 
文章力の乏しさと知識の少なさでこの感動をつたえきれないのがちょっと残念でっす 展示替えの後、仏涅槃図と釈迦誕生図も見に行きたいです ほんとうにありがとうございました

 

 

トップページに戻る