私の展覧会鑑賞記

 

展覧会リスト > か行の展覧会 >牛腸茂雄展

 

No.0320

投稿日時 7月13日

展覧会名 牛腸茂雄展
会場 東京国立近代美術館
会期 2003年5月24日〜7月21日
投稿者名 落合均
鑑賞日時  7月 6日(日)16:00頃
感想 昭和三十四年生まれの私にとって、今回見た作品は、「芸術作品」という感じではありませんでした。「懐かしい日常の風景」、まさにそのものでした。男たちのヘアースタイル、子どものジャンパーの柄、ラッパズボン、特大のマッチ箱… 
素人の撮った写真と写真家の撮った写真、どこに決定的な違いがあるのか、あるいは写真における芸術とは…まあ、そんなムズカシイこと私にはサッパリなので、これ以上のことを書けないのが残念です。
しかし、二十年前に私が撮った写真と牛腸の写真は明らかに違います。彼の写真には、撮る側と撮られる側の「意思」が感じられます。そのような、双方の意思のぶつかり合いが「時代」を浮き彫りにしているのだ、そんな感じです。「SELF ANDOTHERS」というテーマの意味が、おぼろげながらわかったと思いました。
未知の作品に出会えること、これが美術館通いの一つの醍醐味です。今回、それを心ゆくまで楽しませていただきました。ありがとうございました。

 

 

トップページに戻る