私の展覧会鑑賞記

 

展覧会リスト > か行の展覧会 > 館蔵 茶道具 ―秋の取り合わせ―

 

No.0251

投稿日時10月30日

展覧会名 館蔵 茶道具 ―秋の取り合わせ―
会場 根津美術館
会期 2002年9月14日〜10月27日
投稿者名 ayapom
鑑賞日時 10月27日(日)
感想 最終日ということもあって、館内はなかなかの盛況。でも人山が出来て見れないってことはなかったのですが。出品されているものは、テーマにもあるように茶道具の、工芸品としての美しさを展示するものでした。中国や韓国、また遠く中東やタイで製作されたお茶碗なんかがあったりして、おもしろかったです。お茶に興味があるのですが、道具の使い方を知らない者にとっては、ちょこっと説明書きがあったらよかったな?、なんてずうずうしいお願いを持ったりして。
今回始めての根津美術館だったのですが、天気がいいこともあって、お庭散策がとても気分よかったです。離れのお茶室なんぞあったりして、さっそくとお茶会が開かれてました。いいな?!もみじの木がたくさんあったので、これからの紅葉の季節、美術館とお庭散策にとてもいいかもしれません。

 

 

No.0247

投稿日時10月24日

展覧会名 館蔵 茶道具 ―秋の取り合わせ―
会場 根津美術館
会期 2002年9月14日〜10月27日
投稿者名 MEGUTE
鑑賞日時 10月22日(火)14:00
感想 お茶に興味を持っている、母親とでかけてきました。会場は着物を着た人達でいっぱいで、普段着で行った私達は少し場違いかな??というほど上品な展示会でした。千利休の茶道具など、誰にでも分かるような有名なものもあったので、初心者の私でも大変親しみやすかったです。さらに、青山とは思えないほど広大な庭ではお茶会が開催されていたりと、散歩も楽しむことができました。本当にただ作品を見るだけではなく、日常を離れた空間もすべてを味わうことができた、大変充実した展示会でした。

 

 

トップページに戻る