私の展覧会鑑賞記

 

展覧会リスト > か行の展覧会 > 化石の美と科学

 

No.0175

投稿日時 1月25日

展覧会名 化石の美と科学
会場 国立科学博物館
会期 2001年12月4日〜2002年2月17日
投稿者名 みちこ
鑑賞日時 1月24日(木)
感想 年末年始、多忙を極めやっと時間が取れました。化石・科学などという言葉から『難しそ〜う』と思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、全く違います。(アンモナイトの美と科学はやや専門的になりますが・・)<化石>=芸術!でした。
化石といっても、柔らかな海底に(微)生物が残した瘢痕の化石ですから大規模です。畳一畳くらいのものから数畳の大きさの物が、壁面に多種多様の文様を浮かび上がらせてディスプレイされています。細密な文様・大胆な構図の彫刻を施した大きな土色の壁風の化石は、まさに現代アート!趣味で木彫をする私は、この自然のなせる技にただただ感心。非常に参考にもなりました。
太古、極微小の生物が刻んだ石の芸術を充分堪能させていただきました。

 

 

トップページに戻る