美術用語辞典

陶器・磁器など いわゆる焼き物は土器、陶器、火器、磁器等に大別される。
全てには確然とした違いは規定し得ないが、例えば「陶器」とは釉薬(うわぐすり)をかけた焼き物で、素地にガラス質を含み、少し吸水性があり、叩くと鈍い硬い音を発するものと考える事ができる。
これに対し、「磁器」は器胎(素地)が高温により焼き締まってガラス化したものであり、他とは明瞭な違いがある。
備前焼 岡山県の伊部(いんべ)地方で作られている陶器をいう。起源は鎌倉時代に始まり、壷、甕(かめ)、擂鉢(すりばち)などの雑器を主に焼く。室町時代末期からは、茶道の興隆に伴って、花生、水指(みずさし)、茶碗、茶入、酒器など、茶道で用いられる器物も作られる様になる。
現在も盛んに制作が行われており、桃山時代までのものは、特に古備前という。鉄分を多く含み、粘着性に富んだ土を使い、釉薬をかけずに高温で長時間焼締めて作る。土そのものの味わいを生かした焼物である。
信楽焼 滋賀県の信楽地方で古くから焼かれている陶器。天平年間から制作されていたとの説もあるが、現存するものはほとんどが室町時代以降のものである。本来は種壷、茶壷、甕、擂鉢などの雑器の制作が中心であったが、室町期に茶の湯が起こると茶器類、徳利等も盛んに作られる様になる。
焼物の素地は粗く、長石粒が多く混じっているため、白いツブツブが多く見られる。明るい肌合いの素朴な焼締めを特色とするが、江戸期になると、施釉したものも作られる。類似のものに、隣接した産地で作られた伊賀焼がある。
瀬戸焼 愛知県瀬戸市並びにその周辺で作られる陶磁器をいう。焼き物の代名詞として「せともの」と言われる様に、その起源は平安後期にまで遡る。
鎌倉時代には製陶の中心地として盛んになり、桃山期になると美濃地方を含めた地域で、志野、黄瀬戸、瀬戸黒、織部などといわれる陶器が作られる。
江戸後期になって、有田から染付磁器の製法が伝えられてからは、以後、染付磁器が主流となる。現在、我国で最も盛んな製陶地となっている。
常滑焼
(とこなめやき)
愛知県知多半島の常滑市一帯で焼かれる陶磁器をいう。陶土には鉄分が多く含まれている。
起源は平安後期で、鎌倉から室町時代にかけて盛んになる。輪積みの手法で形成された大きな甕を主体として壷、鉢、皿などが作られる。
江戸中期以後は、茶陶器類も焼かれる。朱泥による急須などに特色がある。
越前焼 福井県(越前)丹生郡地方で制作された、須恵器の陶器。
鎌倉時代以降、自然釉がかかった、壷、甕(かめ)、擂鉢(すりばち)なでが主に作られる。
丹波焼 兵庫県多紀郡今田町立杭を中心として、鎌倉、室町時代以来、作られている須恵器系の焼物。
釉薬は用いず、鉄分を多く含んだ陶土を堅く焼き締めたもので、赤黒く焦げて鉄の様な肌をしている。自然釉のかかったものも多い。制作されているものは壷、甕、擂鉢、徳利などの素朴な日用雑器である。
志野焼 桃山時代になって尾張、美濃地方で焼かれる様になった白色の陶器。
百草土(もぐさつち)といわれる白色の粗い土で成形したあと、長石質の白釉を厚くかけて焼く。釉薬の下に酸化鉄で絵が描かれたものを絵志野という。この他に鼠志野、紅志野、赤志野などといわれるものがある。
作品には、茶碗、水指、向付、香合など、茶道に関するものが多い。
織部焼 桃山時代より美濃地方で作られる様になった陶器。
器の表面に部分的に銹薬(さびぐすり)を用いて、簡素な絵文様を描き、その他のところには銅質の青緑色釉をかけたものが一般的。
作品全体に黒釉、または青緑色釉をかけた黒織部、青織部、といわれるものなどもある。桃山期を代表する茶人の一人で武将でもあった、古田織部正重然の意匠で始まったといわれ、その型や絵付けには独特のものがある。
茶碗、向付、皿、鉢等、茶陶類を中心として作られている。
染 付 白地に藍青色の絵や文様のある陶磁器を染付という。おもに磁器の製品が多い。
中国において元時代からこの技法が用いられる様になり、その後、日本、朝鮮等アジアやヨーロッパに伝わる。
我国では、有田や瀬戸などでこの技法が盛んになり、伊万里、柿右衛門、鍋島など、すぐれたものが多数作られる。
白磁
(はくじ)
白色の磁器に透明釉を施したものを白磁という。素地や釉の色合い、性質によって、純白のものの他に、灰色、黄味、青色等を帯びたものもある。
わずかに青味がかったものを青白磁、または影青(いんちん)という。染付や色絵のものは白磁の上に絵付けをしたものである。中国、朝鮮をはじめとして、東南アジアなどでも焼かれ、それぞれの産地によって、色、型などにも特徴がある。
日本では、江戸時代初めに有田で初めて作られる。
染織工芸
(せんしょく)

繊維を染めたり、生地を織ることによって模様、図柄を表現し、作られたもの。染める技法としては、染料の溶液に浸して染め上げる浸染(しんぜん)と染料をなすって染める捺染(なっせん)とがある。
又、織物は織り方によって、平織、綾織(斜文織)、繻子織(しゅすおり)、搦み織(からみおり)(捩り織(もじりおり)ともいう)とに分けられる。

七宝
(しっぽう)
金属で作られた器物の表面に凹部を作り、そこに鉱物質の色剤を入れ、熱して溶着させたもの。
色と色との間を針金で区切って模様を表す有線七宝といわれるものが一般的だが、その他にも金属線を省いた無線七宝、透明な色剤を用いた透胎七宝などの種類がある。
漆芸
(しつげい)
漆を用いて制作、装飾を行う工芸で、漆を産する東洋独自のものといえる。
用いる技術によって、漆塗、蒔絵(まきえ)、螺鈿(らでん)、漆絵(うるしえ)、沈金(ちんきん)、堆朱(ついしゅ)、鎌倉彫、など呼ばれる。
木竹工芸

木材や竹を加工して調度品や什器などを作る工芸をいう。
技法的には、指物(さしもの)、挽物(ひきもの)、刳物(くりもの)、曲物(まげもの)、彫物(ほりもの)などに分けることができる。木の材料としては、桧、杉、桐などの柔らかいものから、欅、桜、楢などの堅木や、紫檀、黒檀、鉄刀木(たがやさん)などの唐木が用いられる。

版画

 

版画とは文字どおり、何らかの方法によって作られた「版」にインク等の顔料をおき、様々な素材の上に写し取られた絵のことである。印刷技術の発明、発達を基盤として世界各地で古くより普及している技術である。日本の古くは仏教経典、近くは浮世絵版画などは高い芸術性を持つものとして世界的に評価されている。広く使われている芸術版画の技法としては、その素材と製版方法により木版、銅版(=金属版、ドライポイント、メゾチント、エッチング等)、石版(=リトグラフ)、孔版(=シルクスクリーン等)等に大別される。
木版 古くから行われている、凸版形式の代表的な技法。木の板を削って、文字、絵画等を表現、部に顔料をおいて刷る。
木の板の取り方によって、
板目木版(木を縦に切った板)、木口木版(木を横に輪切りにした板)とに分けられる。
木版の代表的なものとしては、浮世絵版画がある。
銅版 版形式の代表的な技法。
銅板を鋼鉄針で削って直接描いたり、又、銅板の表面に特殊な処理をした上で、鉄筆で刻描して更に化学処理等をした後、削った部分にインクを含ませて刷る。
ドライポイント、エッチング、メゾチント、アクアチントなどの技法がある。
石版 リトグラフ
平版形式の版画で、油が水をはじく性質を応用したもの。
石灰石の版に油性の墨、鉛筆、チョークなどで作品を描き、その上から滑石粉末を撒き、アラビアゴム液を塗って表面を変化させることによって、描いた部分にはインクが付着し、そうでない部分はインクをはじく様にして刷る。
石灰石の代わりに亜鉛板、アルミ板なども使う
なども使う。  
孔版 シルクスクリーン(セリグラフ)、ミメオグラフなど。
いわゆる謄写版の技法を用いて刷られたもの。シルクスクリーン(セリグラフのセリはラテン語で絹の意)は絹、またはナイロンに何らかの方法でインクを通さないところをつくり、また、ミメオグラフは雁皮紙にパラフィンを加工したものを鉄筆などで削って原紙として使用する。1000枚位までは容易に刷ることができる。
オリジナルプリント

エスタンプ

リプロダクション

作家が版画を制作する目的で制作した作品をオリジナル版画(オリジナルプリント)という。
エスタンプは作者によって制作された本来の作品(例えば日本画、洋画等)が技術者によって版画として限定枚数制作されたもので、複製版画ともいう。
これに対して、リプロダクションは、グラビア、オフセット等の印刷技法で本来の作品である原画を無制限に刷ったもので、いわゆる印刷物といえる。
金工

金、銀、銅、鉄等や、その他各種の合金を素材とした工芸を金工という。技術的には鋳金、鍛金、彫金の3つに大きく分けることができる。                                       
 鋳金
---金属を溶かして型に流し入れ、器物を形造る方法。
 鍛金
---金属をたたいて形にしていく方法。             
 彫金
---鑿を使って金属を彫り、文様等を表わす方法。   

 高肉彫、薄肉彫、片 彫、毛彫、象嵌等の技術がある。

彫刻、彫塑

木材、石などを素材として、それ
を彫り、削ることによって対象物
を表現する技法。又は、その技法によって作られたものを彫刻という。宗教的題材、仏像や人物を対象とした作品がほとんどである。
ブロンズ像なとを作るために粘土
や石膏で原型を作ることは彫塑と
いうが、一般的にはこの様なもの
も含めて彫刻ということが多い。

蒔絵

日本独特の漆器の装飾技法。器面に漆で文様を描き、乾かないうちに金・銀その他の金属粉や色粉などをその上から蒔き付け付着させることにより文様を表す。

日本画

日本の伝統的な絵画の総称。明治以降、洋画、特に油絵の流入される中、それらに対して使われるようになった。主に顔料は岩絵の具で、にかわを媒材(定着剤)とし、紙、絹などに描く技法。また、その絵画のもつ伝統的な形式、様式をひろく表している。

号数

絵画標準寸法表

絵画の画面の大きさ(広さ)を表す単位として日本で普及している表現。画面の長短の長い方の寸法により、0号を最小に別表のように大きくなっていく。また、画面の長短の比率により、M、P、Fといった種類の呼び方も併せて使われている。

洋画

日本伝統の日本画に対し、明治以降流入した油彩画などを総称する。主に油絵の具を用いて描かれたものを言うが、広義には、技法に止まらず西洋絵画の様式、形式一般を指す。

屏風

古来より伝わる衝立ての一形式で、板状の数面を蝶番(ちょうつがい)でとめつなげ、各面を前後互い違いにして立てる。各種の技法(彫刻、絵画、漆、布地)で装飾される。その連なる各面の枚数に応じて二曲、四曲、六曲といい、普通二点を一セットとして使われることが多く、一双、二双と呼び数える。







Sannet Gallery
TopPageへ

























































 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Sannet Gallery
TopPageへ