画像作品の作家を一人づつ順次ご紹介いたします

第2回 佐々木裕而
    
(ささき ゆうじ)

朝靄白樺林 (12号)
霧晨松山湿原 (6号)
綿菅野黎明 (6号)
春待月 (12号)
霞野 (20号)
晨明西湖 (6号)
白樺霧小径 (12号)
1951年 北海道に生まれる
1974年 安宅賞受賞(芸大学内賞)
1979年 東京芸術大学大学院芸術研究科
日本画専攻終了
Gアートギャラリーで初個展
1980年 グループ展、双美会展に出品(以後毎回)
1981年 新宿住友ビルミニチュア日本画大賞展
住友ビル賞受賞
1983年 グループ展、行人社展に出品(以後毎回)
1984年 東京セントラル美術館日本画大賞展出品
1988年 東京銀座、資生堂ギャラリーで個展
1990年 東京美術青年会特別展ニューアーティスト
ウェーブIに招待出品(II'91,III'92)
1991年 高島屋日本橋店で個展
1992年 三越日本橋本店、札幌店で個展
東京セントラル美術館日本画大賞展招待出品
1993年 松坂屋名古屋本店で個展
1994年 三越日本橋本店、札幌店、広島店で個展
東京銀座、栗田美術館で個展
現在 無所属
東京芸術大学在学中に抽象画に傾倒、アクリル絵具を使用して製作を展開したが、80年代に再び日本画に戻り、雪景、山景などを中心に四季折々の変化に富んだ自然世界を表現し続けている。
>> 第1回 三浦明範 >>第3回 坂口紀良