磯村敏之 ドローイング 展
1951 - 2002

 

 

■ 磯村敏之 略歴
1927年
愛知県刈谷市に生まれる。 
1948年
東京高等師範学校芸能科油絵に入学。
自由美術家協会展に初出品。

1951年

東京高等師範学校卒業。
1955年
自由美術家協会会員となる。
1959年
 
銀座サエグサ画廊で個展。
以後、78年まで個展を12回開催。
1960年
第4回安井賞候補選抜展に出品。
以後、5回安井賞展に出品。
1964年
自由美術家協会を退会し、主体美術協会の創立に参加、会員となる。
1974年
栃木県立美術館での現代日本美術選抜展に、「1967(ベトナム)」を出品、収蔵。
1977年
文化庁主催の第11回現代美術選抜展に出品。
1983年
刈谷市美術館で「磯村敏之1948〜1983展」開催。「武甲山」が収蔵。
1990年
渋谷区立松濤美術館で「特別陳列 磯村敏之」開催。「或る金曜日の午後」が収蔵。
1997年 古稀記念画集出版。日本橋三越本店、名古屋に於いて画集刊行記念展開催。
2000年 日本橋三越本店にて個展。
現  在
主体美術協会会員

日本橋三越、銀座フジヰ画廊、名鉄百貨店、ぎゃらりー・コーノ、紀伊国屋画廊等で個展多数。

 

 

 

 

 

 

前のページに戻る | 展示室入り口に戻る | トップページへ戻る